退職金を一部外貨で運用 Part1

現在、残念ながら定年まで働いて受け取った退職金で一生過ごせる、という時代ではない。長寿国家というように平均寿命はのびているのに受け取れる退職金の額は年々目減りしている。頼りの年金もきちんと支給されるのか怪しい雲行き。となると、どうしても退職金をただただ普通預金に預けておけばいいというわけにはいかず、老後の資金を自分で運用し必要額を確保する必要がある。ではどのように確保したらよいのだろうか。メインバンクの担当者や保険会社の担当者に相談するのが手っ取り早いと思うがある程度こちらも勉強したうえで相談に行かないと向こうのいいようにされてしまう可能性があるので気を付けよう。大切なのは自分にはあとどのくらいのお金が必要なのか、を把握することからはじまる。必要な金額がある程度つかめれば足りない金額も大体わかってくる。それを運用によって補えばいいのである。

貸し会議室 新宿

飲食店のメニュー表作成は当社にお任せ!

大阪の結婚式のビデオ撮影を任されました

ダメージケア

池尻大橋にある歯科業者を見つける